本文へ移動

コロナ対策について

新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス対策について

被害を最小に抑え、生き残るために。

★★随時更新しております★★
ページ開設以降、複数の方よりご意見、ご要望を頂いております。
その都度更新してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
 
 
【大型連休用のコロナ対策のフォーマットを追加しました】
 
★体温測定管理表(ご家族の方もご一緒に使えます)
★連休中のコロナ対策について
 
上記2項目、追加いたしました。
詳しくはページ最下部のダウンロードスペースをご覧ください。
 
 
**************************************
 
今、世界中が新型コロナウイルスにより甚大な被害を受けています。
世界が、日本が、愛知が、実態の掴めない、先の見えない混乱の中にいます。
そんな中、弊社では2020年の3月頃より自分たちにできる対策を考え、実行して参りました。
 
弊社の新型コロナウイルスに対する取り組みが
「遅かったのか」「早かったのか」「正しいのか」「間違っているのか」はわかりません。ですが、自分の命、家族の命、弊社に関わって下さるお客様の命を守ることに繋がるはず、と信じて取り組んでおります。
 
1つ1つは小さな試みです。しかし、そういった行動の積み重ねにより、自分や、その周りにいる人たち、大きく言えば、日本や世界の為になるはずだと、自分たちにできることを考え、日々実行しております。
 
自分に何ができるのか、何をしたらいいのか、会社として何ができるのか、そういったことが分からず、不安な方も多くいらっしゃると思います。
弊社も、対策がある程度固まるまでは、今とは比べられない程に毎日バタバタしておりました。
 
ほとんどの人が、経験したことのない非常事態なので、それも当然なのだと思います。
だからこそ、思いついた対策はドンドン行動したほうが良いと思っています。
何が正解なのか、その答えがまだありません。だからこそ、考え、対策を練る必要があります。
 
このページでは、弊社の行っている新型コロナウイルスの対策を記載させて頂きます。
弊社の取り組みが、少しでも、1つでも、誰かのお力になれればという思いで公表することに決めました。
決して後悔がないよう、できることは、思いつくことは、全部やりましょう。
 
 
このページをご覧になっている方へ、お願いがあります。
「私たちはこんな取り組みをしているよ」「他にもこんな対策があるよ」など、そんなお声がもしあれば、ぜひ我々にも教えていただけませんか。
 
 
弊社の取り組みが、誰かの、どこかの会社様の参考になるかは分かりません。
それに、弊社のこれらの対策だけでは、まだ不十分なところもたくさんあると思っています。
それでも、誰かにとって、何かの気付きやヒントなどのお手伝いにでもなれば嬉しい限りです。
 
 
 
どこかで困っていらっしゃる、誰かのお役に立てれば、幸いです。
 
**************************************
 
 
★★ご自由にお使いください★★
下記で紹介致しますガイドラインは全て弊社で作成したものです。
ページ最下部にダウンロードスペースを設けてありますので、もし弊社のガイドラインをお使いになられたい場合はご自由にダウンロードしてお使いください。
ダウンロードして頂いた際に、編集がやりやすいように、全てのデータはExcelで作成しております。
 

新型コロナウイルス対策

【体温測定の実施】
出社前、お昼、退社前の3回と、休日も1日3回の体温測定。
測定した体温は全てチェックシートに記入して会社で管理しています。
 
また、ガイドラインを設けて、体温測定後の行動を決めています。
報告義務を「37.0度から」と、通常よりも0.5度低く設定しいち早く体調の異変に気付くことができるよう管理しています。
 
 
【マスク・換気など】
弊社社員、外注業者様含め、マスク着用、手の消毒の徹底を行っています。
換気もこまめに行い、工場内も風通しの良い状態をキープしています。
 
 
【消毒と何重もの予防対策】
従業員が使用するモノ、外注業者様が使用するモノは、最低でも1日に3回の消毒を行います。
 
首からぶら下げるタイプのVIRUS SHUT OUTや、次亜塩素酸スプレーは常に持ち歩いています。
特に営業に出掛ける者はお客様にご迷惑をおかけしないように、また自分がウイルスをもらってしまわないように頻繁に使用させています。
 
【最悪を想定して】
仮に弊社から感染者が出てしまった場合を想定して、誰が、いつ、どの車を使って、どのお客様を訪問したのか、また訪問した順番はどのような順かなどを、すべてチェックシートに記入し管理しています。
 

体温測定の徹底

【1日3回、休日も必ず測定】
平日休日に関わらず、必ず1日に3回の体温測定を実施しています。
夜勤などの出社前、退社前にも測定を義務付けています。
37.0度以上出た場合は体温計の誤差も考慮し、更に3回測り直し平均を出しています。
 
営業事務所、技術部事務所、総務部事務所にそれぞれ体温計を複数設置し、その横には消毒液を置いて、体温計の使用前、使用後に消毒をしています。

ガイドラインの設定

【計3種類のガイドライン】
携帯の中に写真として保存、いつでも見られるようにしています。
それに加え、工場内と事務所合わせ3か所に掲示してあります。
【出社前のガイドライン】
37.0度以上の熱があった場合、原則自宅待機とし、上司に報告をし、指示を待ちます。
【お昼のガイドライン】
37.0度以上の熱があった場合は、直ちに上司に報告をし、指示を待ちます。
体温だけではなく、体調の良し悪しも確かめ、午後の仕事は可能なのか、直ぐに帰社させるべきなのか、などの判断を行います。
 
【退社前のガイドライン】
37.0度未満の場合でも速やかに帰社することとし、不要不急の外出は控えます。
37.0以上の場合は、直ちに上司に報告後、速やかに帰宅します。
この場合の外出は自粛ではなく、原則禁止としています。

社員だけではなく、その家族にも

【本人とその家族にこんな症状がみられたら】
感染した場合の自覚症状として色々と挙げられていますが、それらをまとめました。そして、本人だけではなく、その家族にもこのような症状がみられたら報告するようにしています。またその際の連絡フローを「社外」「社内」で作っています。
こちらも携帯に保存し、いつでも見られるようにしています。

全社員マスク着用

【マスク着用の徹底】
マスクの確保が難しい中でも、全社員マスク着用に取り組んでいます。
現状、多くの社員が1つのマスクを数日間使い回しています。通常ではマスクの外側に菌などが付くことが多いですので、外側はもちろんのこと、マスクの内側にも噴射できる除菌、消臭スプレーを配布しています。気持ち程度かもしれませんが、少しでも清潔にマスクを使えるようにしています。
 

外注業者様へのお願い

【外注業者様へのお願い】
事務所入場時には必ずマスクの着用をお願いしています。
また入場してすぐのカウンターにアルコール消毒液を用意していますので、事務所内に立ち入る外注業者様には必ず消毒をしてもらっています。

飛沫感染の予防に

【ビニールカーテンの設置】
お客様や外注業者様と、弊社事務員がやり取りをするカウンターにビニールカーテンを設置しました。短時間のちょっとしたやり取りではありますが、油断することなく予防します。
 
また弊社事務員の使用する机と机の間にもビニールカーテンを設置し、感染拡大の予防をしています。
仮に事務員の中から感染疑いのある者が出たとしても、普段から事務員同士の接触を極力回避することにより、感染拡大を最小限に抑えられます。

風通しの良い環境を

【工場、事務所は常に換気を心掛ける】
朝出社してすぐに事務所の窓を開け、室内はすべて風通しの良い状態にします。
工場では、窓を開けすぎると騒音など別の問題が発生する可能性がありますので、近隣にお住いの方に迷惑のかからない範囲で、窓やドアの開放をしつつ、換気扇を回し対応しています。
空気がこもってしまう密室は限りなくゼロに近づけられるようしています。

社内会議の当面廃止

【会議などの密集を避けます】
部署会議、全体会議など様々な会議がありましたが、現状はすべて中止にしております。
昨年、令和1年9月より既に導入しておりました「LINE WORKS」というアプリを使い、従来の集まって行う形式の会議を廃止し、スマホやタブレットにて情報共有や話し合いを実施している部署もあります。

触る回数を減らす

【ドアノブを触る頻度を減らす】
事務所などの人が頻繁に出入りする場所のドアには、ドア止めを設置します。
不要になった段ボールを丸め、テープで貼っただけのシンプルな物ですので簡単に自作できます。
ドアノブを手で触る頻度が一気に減らせるため感染予防の効果はバツグンです。

室内、ドアノブ等の消毒

【人が触るところを1日3回消毒】
ウイルス除去、除菌、消臭の「ウイルスオフ」を壁やドアノブなど人が触れる部分に噴射します。
最低でも1日に3回行います。
 
日によって波はあるものの、ほぼ毎日外注業者様の出入りもあるため、業者様にウイルスを感染させてしまうことの無いよう、また弊社社員が感染しないよう気を付けています。

ウイルスをシャットアウト

【全員が常時着用し作業にあたる】
首からぶら下げる「VIRUS SHUT OUT」を常時着用しています。一ヵ月ほどで効果が薄れるため、必要最低限の在庫を確保し、常に効果が十分にある物を着用できる状態を維持しています。

次亜塩素酸スプレー常時携帯

【外出先でも常に消毒】
「プリジア 次亜塩素酸スプレー」を常に携帯し、クルマの運転時や、納品、引き取りなどのお客様先への訪問時に、こまめに使用しています。使用した分はすぐに補充できるように必要最低限の在庫を確保しています。
 
スプレー容器もアルコールに対応したプラスチック容器を準備しました。

二酸化塩素+銀イオンでウイルス対策

【机や椅子もしっかり消毒】
社員が使用する机や椅子、事務所の備品などを毎日「除菌フレッシュ」にて消毒しています。
お昼ごはんを食べる机などは特に念入りにスプレーを噴射しいます。
 
 

携帯にも便利なアルコールパッド

【75度アルコールの消毒綿】
1つずつ個別の包装なので、どこにでも持ち運ぶことができ手軽に殺菌消毒ができます。
アルコール消毒液が不足しがちですので、すぐに対応できるよう500個以上の在庫を確保しました。
手や指だけではなく、スマホやタブレット等の殺菌にも向いています。
また、通常よりも長期の保存ができるように、全て真空状態にて保管しています。

パルスオキシメーターの常備

【仮に息苦しさ、体調不良を感じたら】
脈拍と血中酸素飽和濃度を測定できる「パルスオキシメーター」を常備しました。
体調に異変を感じる社員が出た場合、体温測定だけではなく、脈拍と血中酸素飽和濃度を即座に測定できるようにしています。
測定をするデータ項目は1つでも多いほうが柔軟な対応ができるのでは、と思っています。

口に入れる物だからこそ

【食洗器にて高温除菌】
社員が使用するコップや食器等は、通常の手洗いだけではなく、食洗器にて高温除菌をしています。
口に入れる物ですので、しっかりと清潔な状態を保てるようにしています。
 

昼食時の感染リスクの低減

【お昼ごはんを食べる時も注意】
弊社には、社員一同が集合して昼食をとる食堂スペースがありますが、昼食の時間に差を設け、できる限り密集しないようにしています。
また、対面での食事を避けることはもちろん、左右の間隔も空けながらの食事をしています。

納品、引き取りなどの訪問先の管理

【誰がどこに行ったのか】
営業部の全ての従業員に、営業先リストの一覧を持たせています。
誰が、いつ、どのクルマを使って、どのような順番で、お客様を訪問したのかを、毎日チェックリストで管理しています。
 
午前中の訪問先と午後の訪問先でコース編成が変わってきますが、全てのコースに対し管理しています。

接触を最小限に抑えるために

【毎日訪問していたお客様へのお願い】
毎日必ずお伺いしていたお客様や、頻繁にお伺いするお客様に対し、まずは電話で連絡をし、訪問の必要性があるのか、無いのか確認を取り接触を可能な限り最小に抑えます。
中には、お客様のほうから「今日は来なくても大丈夫だよ」と気遣って電話をくださるお客様もいらっしゃいます。
この大変な中でのお気遣い、誠にありがとうございます。
そういったお客様の優しさに助けられております。

在宅ワークへの取り組み

【製造業でも、自宅でできる仕事を探してみる】
今後、感染の疑いがある従業員(その家族も含む)が出てきた場合、在宅ワークへの切り替えがスムーズにいくよう取り組んでいます。弊社では初めての試みですので戸惑いもありますが、例えば、資料のまとめやデータ作成など、できることを探し、すぐに対応できるようにしています。
 

【大型連休用のコロナ対策です】

【ご自由にお使いください】ファイルダウンロード

上記でご紹介したガイドラインは、全て弊社で作成したものです。
それらの資料をお使いになられたいという方がみえましたら、どうぞお使いください。
こちらにあるデータは全てご自由にダウンロードして頂いて構いません。データの中身もご自由に変えて下さい。
 
データをPhotoshopやillustratorで作成してしまうと、編集の難易度が上がってしまうので、
なるべく多くの方が、お好きな形にに編集できるよう、今回のデータは全てExcelで作成してあります。
Excelも苦手という方にはPDFをダウンロードして頂ければ、そのまま印刷が可能です。

【出社前】【お昼】【退社前】の計3種のガイドラインのデータです

【こんな症状が出たら】社員・家族用ガイドラインのデータです

【外注様向け】入場時のお願いのデータです

【大型連休用】自宅にて行うコロナ対策

【大型連休用】★GW用 ご家族の方もぜひご一緒に

【大型連休用】★お盆用 ご家族の方もぜひご一緒に

【大型連休用】★年末年始用 ご家族の方もぜひご一緒に

TOPへ戻る